滝まいり◆みそぎ参加者

◇◆『春の赤目四十八滝参り』 滝みそぎ◆◇

募集定員に達しました。

2017年3月26日(日)開催決定!!

1300年前よりの修験者による護摩行・火渡り行と霊験灼たかな千手滝での水行を執り行います。

護摩行とは、組み上げられた木の壇に火を焚き、その炎の前で願いを捧げたり、もしくは真言を唱えることで罪障・煩悩を炎と一緒に焼き尽くすといわれている修験道の修行の一つです。

火炎により昇る煙が人間の捧げものと願いを天上の神々の力を借りることで苦難を取り除くことや幸福が訪れることされ、立ち上る炎は点に昇る竜の姿にも似ており立ち込める煙を浴びれば無病息災がおとずれるとも言われる神聖な『春の赤目四十八滝まいり』に是非ご参加ください。

千手滝で護摩木を焚く

水温3度ほどの冷水の中での水行

燃盛る火の上を渡る火渡り行

※火渡り行は渓谷来場者の皆様にもご参加いただけます!

※護摩行の開始時刻は11時頃から、火渡りは12時30分ごろからの開始を予定しております。

【開催日】平成29年3月26日(日) 少雨決行

【集合場所】午前9時30分 赤目不動尊 延寿院

午前10時 延寿院不動堂にて祈願、後に赤目渓谷千手滝に移動
午前11時 修験道者による護摩炊き行・火渡り行・水行(滝みそぎ)
水行(滝みそぎ)参加者の方には牛汁・おでんの軽食をご用意しています。
午後1時頃終了予定 終了後天然温泉をご利用頂けます。(入浴券お渡し致します)

【参加資格】
水行(滝みそぎ)ができる健康な方に限ります。
※7歳(小学生)から参加可能ですが、保護者の方のご同行をお願いします。

【募集人数】
30名(先着順)

【参加料】
3,000円(白装束貸出・護摩木・保険傷害)

【募集締切】
平成29年3年12日(日)※定員に達し次第受付を終了とさせていただきます。

【準備物】
タオル・着替え・水着・その他必要品(温泉入浴場タオルは有料です)

【申込方法】
氏名、年齢、性別、住所、電話番号を明記の上、FAX又はメールにてお申込みください。

募集定員に達しました。

お問合せ: 赤目ビジターセンター エコツアーデスク
〒518-0469 三重県名張市赤目町長坂671-1
TEL0595-64-2695 FAX0595-48-5888
E-mail ecotour@akame48taki.com

主  催:NPO法人 赤目四十八滝渓谷保勝会
TEL0595-63-3004   FAX0595-63-8400

 

コメント