~延寿院 しだれ桜の様子~ 2017

~延寿院 しだれ桜の様子~ 2017

※4月20日までの間ライトアップも行っております。

赤目四十八滝の麓にある延寿院のしだれ桜(エドヒガン シダレザクラ)が、
例年では3月下旬から4月上旬に見頃を迎えますが、今年は10日余り遅れています。

高さ7mの枝張りも見事な巨木で、延寿院に残る資料では樹齢400年余とされます。
落雷や長年の風雪にも耐えた樹は老朽化し、一部の樹皮によって生命を保っており、
咲き誇る花の生命力が訪れる人を魅了します。
昭和37年(1962年)に、市の天然記念物に指定されています。

《4月5日の様子》 蕾が膨らんできました、開花まではあと数日かかるようです。

《4月6日の様子》 昨日からの暖かさで開花しました、来週辺りが見ごろになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《4月7日の様子》 どんどん開花が進んでいます今朝10時ごろで4分咲きほどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《4月12日の様子》 満開です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《4月21日の様子》 名残の桜です

コメント