日本サンショウウオセンター お誕生日おめでとう!

 

石っころじゃないよ~ 

                          (写真はクリック拡大してみてね)

オオサンショウウオの赤ちゃんが

10月23日、1歳のお誕生日を迎えました。

おめでとう!

昨年の10月23日、第一子が孵化したの。

孵化直後は粒ぞろいの3センチ弱程度だったのが 

今では

  大きい子で全長約11センチ、体重約10グラム、

   小さい子で全長約 7センチ、体重約 4グラム、

身体測定 少しもじっとしてないの 

体格にもこんなに差がでて、兄弟げんかも少しずつ、

でも、みんな元気いっぱ~い のやんちゃ坊主たち

 

なんとか私はこの子たちのお父さんに顔向けができそうです。

通常、オオサンショウウオは巣穴のヌシであるオスが卵の世話をする、

そう!イクメンなんです はるか昔から、すごいな

けれど、この子たちは昨年9月の台風12号による増水で、

親と生き別れ(ToT)

私が代理イクメンとなって生まれてきてくれたの。(^_^;)

ありがとう!

 

卵塊発見時の状況(昨年9月12日)

           ゆりかごの中で目がくっきりと愛らしくなった頃(昨年10月17日)

 

 

※10月15日公開ブログ『お着替え中』クイズの正解

           証拠写真 ↑ (この子は しずかちゃん)
 3・自分で食べる でした。
   コメントいただいた方はすべて正解(^O^)/
   ありがとうございました。 

 

About the Author

6 thoughts on “日本サンショウウオセンター お誕生日おめでとう!

    • Author gravatar

      お誕生日おめでとうございます。代理イクメンの愛情タップリに元気に育っている姿うれしくなります

      生き物を育てるのは自分も育ちますよね。大きさの差はやはり食欲の差もあるんですか?

      小さいうちによく食べるとその後も体格がよくなるみたいですね

      イクメンを地球の歴史とともに実践してきたオオサンショウウオは人間界のイクメンのお手本ですね。生命が長く生きながらえるのには雄も協力しないと子孫が残せない・・・ということを証明してくれているオオサンショウオさんに拍手です。

      厚生労働省のCMに出したいですね。

      • Author gravatar

        ポグシさん

        いつもながらあたたかいコメントをいただき、
        また、オオサンショウウオが苦手なお客様にも、
        こんなふうに解説を加えたら、少しは理解を示してもらえそうな気がして勉強になります。
        ありがとうございます。

        大きさはやはり食べる量で差がついてきたように思います。
        少食だったり、大食いだったり・・・それぞれのペースがあるようで、
        病気でない限りは自身にまかせようと思っています。

        これからも見守っていてください。
        よろしくお願いします。

    • Author gravatar

      オオサンショウオの成長が楽しみです。餌はどんなものをあげているんですか?

      個体差も育てるのには観察と予測の楽しみを与えてくれますよね。

      自然界では1年を生き伸びるだけでも大変ですよね。大きくなってたくっましく生きるためには

      なるべく自然な成長を見守るのがいいですよね。

      ポグシと応援してます

    • Author gravatar

      ほんとグルメですね。冷凍赤虫はポグシも大好きです。我が家では冷凍のままバクとやってます。

      ウパも同じような餌が好きです。サンショウオの子育てなんてあこがれちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください