‘公式ホームページ:注目の投稿’

☆★真夏のライトアップ・キャンドルナイト★☆

2018年07月13日

☆★真夏のライトアップ・キャンドルナイト★☆

やさしい光が灯る渓谷の夕涼み

霊蛇滝周辺の遊歩道に乳白色のカップキャンドルが数百個ならび、
竹に無数の穴を開け灯りがこぼれ落ちる竹灯りが、霊蛇滝・不動滝のライトアップと共に
渓谷を幻想的な灯りで照らしだします。
マイナスイオンを全身に浴びながら、夕涼みをお楽しみください。

日 時:8月11日~8月15日(雨天はライトアップのみ)

時 間:午後7時00分~午後9時00分

場 所:霊蛇滝広場周辺

料 金:無料
※台風12号の影響でやむなく規模を縮小して開催します。

駐車場:キャンドルナイト入場の方は無料(午後6時以降)

ライトアップ期間は臨時バス運行致します。

赤目口駅発 18:45 19:20

赤目滝発  19:00 19:35 20:00

 

お問合せ NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会

〒518-046 三重県名張市赤目町長坂861-1

tel 0595-63-3004 fax 0595-63-8400

e-mail:info@akame48taki.com

◇◆ちびっこわくわく体験ECOツアー◆◇

2018年05月16日

◇◆ちびっこわくわく体験ECOツアー◆◇

いよいよ夏休み♬

毎年恒例、ドキドキわくわくの自然体験エコツアーが今年もやってきました!!

サカナやサワガニ、滅多に見れない昆虫たち・・・

この夏はどんな発見が待っているかな??

赤目渓谷の支流や里山を探検するエコツアーです。

赤目渓谷麓のエコツアーデスクで準備を整え出発します。

途中の雑木林でカブトムシやクワガタを探しながら、沢までは約15分で到着です。

そこから川幅3mほどの沢を、小魚や沢ガニなど様々な生き物を

探しながら川の中をじゃぶじゃぶ進みます。

川に倒れ掛かった大木の下や大きな岩を登りながら、高さ2.5mの滝を自力で

クライミング!

帰りは沢を下りながら、長さ10メートルの天然のウォータースライダーで

そりに乗って滑ります。

仕掛けたトラップには何が捕れるでしょうか?

帰り道の途中でサプライズ・・・・カブトムシに出会えるかも??!!

家族で楽しめるわくわくドキドキ、ちょっぴり冒険の自然体験を満喫して下さい。

 

1)開催日 夏休み期間 7月21日(土)~9月2日(日)までの全日開催
※荒天時・増水時などツアーを中止する場合がございます。

2)催行人数 最少5名 最大15名

3)受付場所 エコツアーデスク (赤目ビジターセンター内)

4)時間・工程 受付9:00 出発10:00 帰着12:30

5)料金 大人(中学生以上)4,000円 子供(4歳~中学生未満)3,500円
※6歳以下の幼児は保護者の参加が必要です。
料金には渓谷入山料・飼育カゴ(虫かご)・天然温泉入浴料・傷害保険を含みます。

6)服装/持ち物 水にぬれても良い服装(長ズボン)/水に濡れても良い歩きやすい靴(クロックス不可)・着替え・タオル・飲み物

※温泉のバスタオルは有料です。

7)貸出物 プロテクター・ヘルメット(子供様は全員着用していただきます)
虫かご・網・魚とりトラップ

ご予約はこちら

※ツアー参加の方は必ず2日前までにご予約下さい

お問合せ先
NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
TEL0595-64-2695
E-mail ecotour@akame48taki.com

◇◆赤目渓谷源流冒険ツアー◆◇

2018年05月16日

◇◆赤目渓谷源流冒険ツアー◆◇

かつて伊賀忍者が修行したと言われる赤目四十八滝
その周辺の源流をめぐる冒険の始まりです。

受付で準備を整えると、車で山道を30分ほど移動します。

森の入口から5分ほど歩くと、シャワークライミングの始まりです。
川の中をじゃぶじゃぶ歩いて進みます。

大岩クライミング、天然のプールで泳いだり、深い淵へダイブ!

落差10メートル以上の大滝でウオータースライダー
さらに奥へと目指します。

川にはいろいろな生物や魚が棲息し、
森の中には鹿やイノシシ、猿などの動物たちもいます。
珍しい野鳥や昆虫にも出会えるかもしれません!

大人もワクワクドキドキの自然体験は感動ものです!
(10歳以上からご参加可能です)

 


・開催日:7月1日(日)から9月30日(日)までの全日
小雨決行(荒天・増水時は中止する場合があります)

・タイムスケジュール:受付9時00分 出発10時00分 帰着12:30分

・受付場所:エコツアーデスク (赤目ビジターセンター内)

・料金:大人4500円(高校生以上) 子供4000円

・参加対象:10歳以上の方

・服装/持ち物:ウェットスーツ下に着ていただく水濡れ可能な服(水着など)、着替え、タオル、飲み物

・貸出:ウェットスーツ、ウォーターシューズ、ヘルメット、ライフジャケット(ウェットスーツ不要の場合は500円引き)

・催行人数:3名から10名まで

・料金には渓谷入山料・天然温泉入浴料・傷害保険を含みます。(ロープ、ハーネスを使った体験は、別途保険代金700円がかかります)

※参加者の性別、年齢、身長、体重、靴サイズを必ずお知らせ下さい。

※目的地は変更になる可能性があります。予めご了承下さいませ。

※帰着時間は目的地、体験人数によって前後することがあります。

※温泉のバスタオルは有料です。

お申込みはこちら

※ツアー参加の方は必ず2日前までにご予約下さい

 

お問合せ先
NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
TEL0595-64-2695
Email ecotour@akame48taki.com

◇◆滝に打たれて自分をみがくECOツアー◆◇

2018年05月08日

◇◆滝に打たれて自分をみがくECOツアー◆◇

滝打たれ体験動画

赤目四十八滝はいにしえより修験道の修行の地でありました、滝から放たれたパワーがそうさせたのでしょう

今、自分磨きのパワースポット赤目四十八滝で滝に打たれるECOツアーです。

『大日滝』この滝は修験道たちからもっとも信仰を集めた大日如来に因んだ滝です。

この滝は、遊歩道を外れ急な山を10数分程度上がったところにあり普段立ち入る人も非常に少なく、幻の滝といわれています。滝壺の無いこの滝は真下まで近づくことができ絹糸のような優しく流れ落ちる滝にそっと身を預け目を閉じ滝に打たれます。

滝の流れ落ちる水音だけが響く幻想的な空間にはマイナスイオンが溢れ、鮮やかな森の木々が束の間の癒しを届けます。


 1. 滝に打たれて自分をみがくECOツアー開催日程(カレンダーを参照してください)

 6月1日(金)~10月31日(水)

 ※荒天・増水異常渇水時は中止になる場合がございます。


2.受付時間・場所

 午前9時00分受付開始  午前10時スタート (着替えをお済ませください) エコツアーデスク(赤目ビジターセンター内)受付

 午後12時30分帰着 解散 各自温泉入浴していただきます。


3.料金

 3,000円(渓谷入山料・天然温泉入浴券・傷害保険を含みます)※受付場所周辺に温泉がございます。


4.催行人数・予約・対象

 最少催行人数5名・最大催行人数15名  対象者 16歳以上の健康な方(急な山を登っていただきます)

※ツアー出発日の2日前までにご予約ください。


5.持ち物

 貸出:白装束・足袋・わら草履・滝行用タオル(入浴、着替え時使用のタオルはご持参ください)・移動用靴貸出可能(有料)

 持参:水着(白装束の下につけていただきます)・スニーカー又はトレッキングシューズ・動きやすい服装(滝までの移動用)大きめのリュックサック(白装束等荷物を各自お持ちいただきます)

※温泉入浴時のバスタオルは有料です。


6.申込先

 希望日・氏名・性別・年齢・住所・連絡先(日中連絡のつく携帯番号等)をお知らせください。

 上記内容を記載いただきエコツアーご予約フォームより予約いただくかNPO法人赤目四十八滝エコツアーデスクTEL0595-64-2695 へお申し込みください。

お申込みはこちら

※ツアー参加の方は必ず2日前までにご予約下さい


7.お問合せ

 NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会  エコツアーデスク

〒518-0469 三重県名張市赤目町長坂671-1

 TEL/FAX0595-64-2695 e-mail  ecotour@akame48taki.com


◇◆赤目の四季フォトコンテスト2018◆◇

2018年05月07日

◇◆赤目の四季フォトコンテスト2018◆◇

赤目渓谷内・周辺の風景・動植物・人物スナップなど赤目渓谷周辺に関する

写真なら何でもOKです!皆さまのご応募お待ちしております。

ネイチャー部門2017金賞作品

自由部門2017金賞作品

ご応募作品はこちら

≪募集要項≫

  • テーマ:『赤目四十八滝と周辺の四季』
  • 赤目渓谷・周辺の風景・動植物・人物ポートレートなど渓谷周辺で撮影した写真
  • 募集部門
    :ネイチャーフォト部門(自然風景や動植物の写真など)
    :自由 部門(スナップやポートレートなど)
  • 各賞:各部門 金賞1名・銀賞1名・銅賞2名・ユニーク賞2名・特別賞5名
  • 賞 品:多数ご用意いたします!(随時HPに掲載いたします)
  • 募集期間:2018年1月3日~2018年12月27日までに撮影した写真
    (写真の受付期間は2019年1月20日までとします)
  • 募集規定:JPG形式のファイルで応募ください。ファイルサイズは1.0Mb以上又は画像サイズは1680×1680以上でお願いします。
    ・できる限り大きなデータでご応募ください、データファイルと共にプリントを提出いただいても結構です。
    ・携帯、スマホ等の写真もOKです、その際の画像サイズ、ファイルサイズは問いません
    ・画像合成は不可といたします、ただし色合い等の補正やトリミング等の加工は可とします
  • 応募方法:応募数の制限はございませんが入賞は一人1点とさせていただきます。
    応募いただく写真には参加部門・氏名・年齢・住所・日中連絡のつく番号・メールアドレスを記載して応募ください。
    (HP上で実名の記載を希望されない方はペンネーム等をお知らせください)
  • 送付方法:Eメール・PCメール・ファイル転送サービスなどをご利用ください。
    ※5メガを越えるファイルの送付はファイル便をご利用ください。
    (CD ・DVD、等メディアを郵送いただいても結構です)
  • 送付先: ecotour@akame48taki.com
       《フォトコンテスト2018》受付までお願いいたします。
    郵送の場合
    〒518-0469  三重県名張市赤目町長坂671-1 赤目ビジターセンター
    赤目四十八滝渓谷保勝会エコツアーデスク
    「フォトコンテスト受付」宛までお願いいたします。
  • 作品展示方法:HPのフォトコンテストブログで公開させていただきます。
    入賞者の作品は赤目ビジターセンター内1Fにて展示させていただきます。
    (入賞者の作品は当方でプリントさせていただきますが、ご自分でプリントをしていただいても結構です)
  • 応募上の注意点
    ※今回応募いただいた作品は、無償でHPや宣伝広告物など多目的に掲載をさせていただきますことをご了承ください。
    ※撮影された人物等の肖像権の侵害等が発生しないご留意(被写体の承諾を得た作品)ください。
    ※画像データ・プリントの返却は行いません。

【問い合わせ先】
特定非営利活動法人 赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
e-mail   ecotour@akame48taki.com
電話  0595-64-2695
FAX  0595-48-5888

◇◆大日滝氷瀑ツアー◆◇

2017年11月02日

自然が織りなす芸術、滝が氷に包まれる冬の贈り物『氷瀑』

氷瀑の季節が巡ってきました、いよいよ2018年の氷瀑ツアーが始まります!

氷瀑の様子

遊歩道から外れ険しい山道を10数分上がったところにある大日滝。めったに人の訪れることのない落差30mの赤目滝最大級の滝が寒波が訪れた時に完全氷結します。

幻の滝と呼ぶにふさわしい神秘的な滝、冬の氷瀑は圧巻です。ぜひご参加ください!

このECOツアーの楽しみの一つ、平成の名水百選に選ばれた氷瀑からこぼれ落ちる名水で淹れたお茶で暫しブレイクタイム!コーヒーをはじめおこのみの飲み物をお楽しみください。

ツアーの終わりに冷えた体を温める天然温泉入浴付のお得ツアーです!

対泉閣露天風呂

山水園露天風呂

開催日:2月1日(木)から2月27日(火)までの全日(水曜日休業)
※通常は1月からのツアーですが、台風21号等の被害による遊歩道の整備及び流木等の処理の為、1月9日~1月31日は入山禁止とさせて頂きます。2018年は2月のみ開催。

※氷瀑は寒波が訪れた時にだけ発生するもので、期間中絶えず見られるものではございません。

※氷瀑情報はウエブのトップページでお知らせいたします。(開催期間のみ)

【タイムスケジュール】
受 付 :9時30分から10時00分
スタート:10時00分
帰 着 :12:00
※大日滝までは徒歩35分内15分程度急な岩山を登っていただきます。

受付場所:エコツアーデスク(赤目ビジターセンター内)
料  金:3,000円(氷瀑を眺めながらの淹れたて飲み物・天然温泉入浴を含みます)
服  装:冬山日帰りハイキング程度の装備で参加ください
※遊歩道が凍っている場合がございます簡易アイゼンなどのすべり止めをご用意ください。
(簡易アイゼンは貸出ございます)
催行人数:3名から15名までとさせていただきます。
参加対象:中学生以上の健康な方(特に登山など冬山の経験などは必要ございません)

本年は終了致しました

※ツアーへの参加は2日前までにご予約ください。

お問合せ先:
NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
TEL0595-64-2695
Email ecotour@akame48taki.com

◇◆赤目の四季フォトコンテスト2017◆◇

2017年09月16日

◇◆赤目の四季フォトコンテスト2017◆◇

受付は終了いたしました

入賞作品はこちら

赤目渓谷内・周辺の風景・動植物・人物スナップなど赤目渓谷周辺に関する

写真なら何でもOKです!皆さまのご応募お待ちしております。

ネイチャー部門2016金賞作品

自由部門2016金賞作品

ご応募作品はこちら

≪募集要項≫

  • テーマ:『赤目四十八滝と周辺の四季』
  • 赤目渓谷・周辺の風景・動植物・人物ポートレートなど渓谷周辺で撮影した写真
  • 募集部門
    :ネイチャーフォト部門(自然風景や動植物の写真など)
    :自由 部門(スナップやポートレートなど)
  • 各賞:各部門 金賞1名・銀賞1名・銅賞2名・ユニーク賞2名・特別賞5名
  • 賞 品:多数ご用意いたします!(随時HPに掲載いたします)
  • 募集期間:2017年1月3日~2017年12月27日までに撮影した写真
    (写真の受付期間は2018年1月20日までとします)
  • 募集規定:JPG形式のファイルで応募ください。ファイルサイズは1.0Mb以上又は画像サイズは1680×1680以上でお願いします。
    ・できる限り大きなデータでご応募ください、データファイルと共にプリントを提出いただいても結構です。
    ・携帯、スマホ等の写真もOKです、その際の画像サイズ、ファイルサイズは問いません
    ・画像合成は不可といたします、ただし色合い等の補正やトリミング等の加工は可とします
  • 応募方法:応募数の制限はございませんが入賞は一人1点とさせていただきます。
    応募いただく写真には参加部門・氏名・年齢・住所・日中連絡のつく番号・メールアドレスを記載して応募ください。
    (HP上で実名の記載を希望されない方はペンネーム等をお知らせください)
  • 送付方法:Eメール・PCメール・ファイル転送サービスなどをご利用ください。
    ※5メガを越えるファイルの送付はファイル便をご利用ください。
    (CD ・DVD、等メディアを郵送いただいても結構です)
  • 送付先: ecotour@akame48taki.com
       《春 フォトコンテスト》受付までお願いいたします。
    郵送の場合
    〒518-0469  三重県名張市赤目町長坂671-1 赤目ビジターセンター
    赤目四十八滝渓谷保勝会エコツアーデスク
    「フォトコンテスト受付」宛までお願いいたします。
  • 作品展示方法:HPのフォトコンテストブログで公開させていただきます。
    入賞者の作品は赤目ビジターセンター内1Fにて展示させていただきます。
    (入賞者の作品は当方でプリントさせていただきますが、ご自分でプリントをしていただいても結構です)
  • 応募上の注意点
    ※今回応募いただいた作品は、無償でHPや宣伝広告物など多目的に掲載をさせていただきますことをご了承ください。
    ※撮影された人物等の肖像権の侵害等が発生しないご留意(被写体の承諾を得た作品)ください。
    ※画像データ・プリントの返却は行いません。

【問い合わせ先】
特定非営利活動法人 赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
e-mail   ecotour@akame48taki.com
電話  0595-64-2695
FAX  0595-48-5888

赤目の四季フォトコンテスト2016入賞作品

2017年03月09日

赤目の四季フォトコンテスト2016入賞作品

お待たせしました『2016フォトコンテスト』の入賞者が決定しました。
発表が遅くなりましたこと、深くお詫びいたします。

プロフォトグラファーの斉藤裕史氏に審査を頂き決定いたしました!
先生のプロフィール

入賞者と賞品は以下となります。

●ネイチャーフォト部門
(金 賞)赤目温泉対泉閣ペア入浴券付昼食券
(銀 賞)赤目四十八滝 界隈店舗商品券 
(銅 賞)赤目名物へこきまんじゅう10個引換券
(ユニーク賞)隠和菓子の食べ歩きクーポン
(特別賞)渓谷入山年間パスポート
※ネイチャー部門の金賞、銀賞、銅賞の4作品をポストカードにいたします。

●自由部門
(金 賞)赤目温泉山水園ペア入浴券付昼食券
(銀 賞)赤目四十八滝 界隈店舗商品券
(銅 賞)赤目名物へこきまんじゅう10個引換券
(ユニーク賞)隠和菓子の食べ歩きクーポン
(特別賞)渓谷入山年間パスポート 

●ネイチャーフォト部門

『金賞』 吉村誠様

『銀賞』 藤田広志様

『銅賞』 松岡燎哉様

『銅賞』 上杉裕昭様

●自由部門

『金賞』 左居瑞彬様

『銀賞』 船木紘一様

『銅賞』 小川一馬様

『銅賞』 竹本晴行様

『特別賞』『ユニーク賞』※ネイチャー部門・自由部門ランダムに表示しております。

●ネイチャー部門
『ユニーク賞』岡田昌久様・大西正寿様
『特別賞』onzo様・清水岳様・宮本元太郎様・細田浩様・山中哲史様

●自由部門
『ユニーク賞』小崎大輔様・南河内のおっさん様
『特別賞』ドーラ様・伊藤実苗様・中岡喜勇様・市川篤様・中村昭夫様

たくさんのご応募ありがとうございました。
2017年もどうぞよろしくお願い致します。