‘公式ホームページ:注目の投稿’

◇◆絶景パノラマ紅葉ハイキング◆◇

2017年10月10日

◇◆絶景パノラマ紅葉ハイキング◆◇

昨年3月27日に開通した赤目渓谷待望のトレッキングコースに秋到来!

長坂山へのトレッキングコースは、一周約6kmの周遊コースです。

渓谷入り口の日本サンショウウオセンターを出発して、琵琶滝、百畳岩の入山口から長坂山を通り下山口から出発地までの、4時間30分で巡る初心者から楽しめるトレッキングコースは、渓谷を眼下にのぞめ、四季折々の絶景を一望できます。

【開催日時】 ※少雨決行
11月4日(土)11月5日(日)10:30~15:00

【特典】
開通記念木のしおりチケット・ペットボトルホルダー

【受付場所】
赤目ビジターセンター(対泉閣前)

【  料 金  】
大人3000円(保険料・入山料・温泉入浴料を含む)

【催行人数】
3名から20名までとさせていただきます。
※最小最大の人数制限によりお断りする場合がございます。

【参加対象】
16歳以上の健康で健脚の方。
(勾配のある山道を歩きます)

【服装・持物】
ハイキングに適した服装・トレッキングシューズまたは歩きやすく滑らない運動靴
リュックサック・お弁当・飲み物・雨具・タオル・着替えなど

【そ  の  他】
・お車は周辺の駐車場をご利用ください。
※参加は2日前までにご予約ください。

(タイムスケジュール)
10:30 出発 赤目ビジターセンター
12:00 昼食 昼休憩
12:30 出発 長坂山トレッキングコースへ
13:30 休憩 ビューポイントで暫しの休息
15:00 終了 赤目ビジターセンター

お問い合せ先:
NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
TEL0595-64-2695
Email ecotour@akame48taki.com

紅葉ライトアップ~竹灯り『七変化・黄昏時の紅葉2017』

2017年10月07日

七色に変化する明かりが、渓谷のもみじを照らしだします。
揺らめく竹灯りと青く光る滝の灯りがつくりだす幻想的な空間で、
マイナスイオンを全身に浴びながら、紅葉と滝のライトアップをお楽しみください。

24E184500

【開催期間】
10月28日(土)~11月26日(日)

【開催時間】
夕暮れから午後8時まで
(ライトアップは午後4時30ごろから点灯いたします)

※荒天時は中止となる場合がございます。
※期間中、午後5時以降駐車場は無料となります。
※ライトアップ期間中は、臨時バスが運行されます。

赤目口駅前発赤目滝行き
17:15  17:45  18:15

赤目滝発赤目口駅前行き
17:30  18:00  18:30

以降の時刻、路線バスはございません。

◇◆赤目の四季フォトコンテスト2017◆◇

2017年09月07日

◇◆赤目の四季フォトコンテスト2017◆◇

赤目渓谷内・周辺の風景・動植物・人物スナップなど赤目渓谷周辺に関する
写真なら何でもOKです!皆さまのご応募お待ちしております。

ネイチャー部門2016金賞作品

自由部門2016金賞作品

≪募集要項≫

  • テーマ:『赤目四十八滝と周辺の四季』
  • 赤目渓谷・周辺の風景・動植物・人物ポートレートなど渓谷周辺で撮影した写真
  • 募集部門
    :ネイチャーフォト部門(自然風景や動植物の写真など)
    :自由 部門(スナップやポートレートなど)
  • 各賞:各部門 金賞1名・銀賞1名・銅賞2名・ユニーク賞2名・特別賞5名
  • 賞 品:多数ご用意いたします!(随時HPに掲載いたします)
  • 募集期間:2017年1月3日~2017年12月27日までに撮影した写真
    (写真の受付期間は2018年1月20日までとします)
  • 募集規定:JPG形式のファイルで応募ください。ファイルサイズは1.0Mb以上又は画像サイズは1680×1680以上でお願いします。
    ・できる限り大きなデータでご応募ください、データファイルと共にプリントを提出いただいても結構です。
    ・携帯、スマホ等の写真もOKです、その際の画像サイズ、ファイルサイズは問いません
    ・画像合成は不可といたします、ただし色合い等の補正やトリミング等の加工は可とします
  • 応募方法:応募数の制限はございませんが入賞は一人1点とさせていただきます。
    応募いただく写真には参加部門・氏名・年齢・住所・日中連絡のつく番号・メールアドレスを記載して応募ください。
    (HP上で実名の記載を希望されない方はペンネーム等をお知らせください)
  • 送付方法:Eメール・PCメール・ファイル転送サービスなどをご利用ください。
    ※5メガを越えるファイルの送付はファイル便をご利用ください。
    (CD ・DVD、等メディアを郵送いただいても結構です)
  • 送付先: ecotour@akame48taki.com
       《春 フォトコンテスト》受付までお願いいたします。
    郵送の場合
    〒518-0469  三重県名張市赤目町長坂671-1 赤目ビジターセンター
    赤目四十八滝渓谷保勝会エコツアーデスク
    「フォトコンテスト受付」宛までお願いいたします。
  • 作品展示方法:HPのフォトコンテストブログで公開させていただきます。
    入賞者の作品は日本サンショウウオセンター2F展示ギャラリーにて展示させていただきます。
    (入賞者の作品は当方でプリントさせていただきますが、ご自分でプリントをしていただいても結構です)
  • 応募上の注意点
    ※今回応募いただいた作品は、無償でHPや宣伝広告物など多目的に掲載をさせていただきますことをご了承ください。
    ※撮影された人物等の肖像権の侵害等が発生しないご留意(被写体の承諾を得た作品)ください。
    ※画像データ・プリントの返却は行いません。

【問い合わせ先】
特定非営利活動法人 赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
e-mail   ecotour@akame48taki.com
電話  0595-64-2695
FAX  0595-48-5888

◇◆滝に打たれて自分をみがくECOツアー◆◇

2017年09月06日

◇◆滝に打たれて自分をみがくECOツアー◆◇

滝打たれ体験動画

赤目四十八滝はいにしえより修験道の修行の地でありました、滝から放たれたパワーがそうさせたのでしょう

今、自分磨きのパワースポット赤目四十八滝で滝に打たれるECOツアーです。

『大日滝』この滝は修験道たちからもっとも信仰を集めた大日如来に因んだ滝です。

この滝は、遊歩道を外れ急な山を10数分程度上がったところにあり普段立ち入る人も非常に少なく、幻の滝といわれています。滝壺の無いこの滝は真下まで近づくことができ絹糸のような優しく流れ落ちる滝にそっと身を預け目を閉じ滝に打たれます。

滝の流れ落ちる水音だけが響く幻想的な空間にはマイナスイオンが溢れ、鮮やかな森の木々が束の間の癒しを届けます。


 1. 滝に打たれて自分をみがくECOツアー開催日程(カレンダーを参照してください)

 6月1日(木)~10月31日(火)

 ※荒天・増水異常渇水時は中止になる場合がございます。


2.受付時間・場所

 午前9時30分受付開始  午前10時スタート (着替えをお済ませください) エコツアーデスク(赤目ビジターセンター内)受付

 午後12時30分帰着 解散 各自温泉入浴していただきます。


3.料金

 3,000円(渓谷入山料・天然温泉入浴券・傷害保険を含みます)※受付場所周辺に温泉がございます。


4.催行人数・予約・対象

 最少催行人数5名・最大催行人数15名  対象者 16歳以上の健康な方(急な山を登っていただきます)

※ツアー出発日の2日前までにご予約ください。


5.持ち物

 貸出:白装束・足袋・わら草履・滝行用タオル(入浴、着替え時使用のタオルはご持参ください)・移動用靴貸出可能(有料)

 持参:水着(白装束の下につけていただきます)・スニーカー又はトレッキングシューズ・動きやすい服装(滝までの移動用)大きめのリュックサック(白装束等荷物を各自お持ちいただきます)

※温泉入浴時のバスタオルは有料です。


6.申込先

 希望日・氏名・性別・年齢・住所・連絡先(日中連絡のつく携帯番号等)をお知らせください。

 上記内容を記載いただきエコツアーご予約フォームより予約いただくかNPO法人赤目四十八滝エコツアーデスクTEL/FAX 0595-64-2695 へお申し込みください。

ご予約はこちらから

※ツアー参加の方は必ず2日前までにご予約下さい


7.お問合せ

 NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会  エコツアーデスク

〒518-0469 三重県名張市赤目町長坂671-1

 TEL/FAX0595-64-2695 e-mail  ecotour@akame48taki.com


☆第8回忍者修行選手権大会☆

2017年09月01日

2017年10月9日《第8回忍者修行選手権大会》

皆様お待たせいたしました!
毎年恒例!第8回忍者修行選手権大会のご案内です!
一年に一度の忍者修行検定日、日々精進してこの日に挑むべし!!

忍者修行

(申し込みの際、備考欄に「忍者修行選手権大会参加」とお書き添え下さい)

年に1度、この日だけの忍者の森のお祭りです!
まる1日、大人も子どもも修行三昧!
さらに、夏の人気修行「水ぐも修行」も再登場!
時に楽しく 時に真剣に
日頃の修行の成果を発揮するべし!

☆この日だけの特別な免許皆伝の書を参加者全員にプレゼント!
☆上位入賞者に豪華賞品プレゼント!
☆まる1日修行を特別料金で体験いただけます、この機会にぜひご参加ください♪
☆午前午後どちらかだけの参加も大丈夫です!

【開催日】
2017年10月9日(月)

【行 程】
受付:午前9時~
開始:午前10時~ 選手権大会
閉会:午後3時~ 結果発表及び表彰式

午前の修行:午前10時半~正午
午後の修行:午後1時~午後2時半
※修行内容は当日発表します。

【参加資格・人数】
子供の部:4歳から中学3年生までの方(先着50名)
大人の部:高校生以上(先着50名)

【参加料金】
幼児1550円・子供1750円・大人2000円

※ この日は、原則全員の参加をお願いしております。大人の方も是非いっしょにご参加ください。
※ 当日は通常の忍者修行体験は行いません。
※ ご参加の方は午前、午後とも一日参加して頂きます。(半日参加の場合も料金は変わりません)

 

(申し込みの際、備考欄に「忍者修行選手権大会参加」とお書き添え下さい)

お問合せ

NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会  エコツアーデスク

〒518-0469 三重県名張市赤目町長坂671-1 赤目ビジターセンター

TEL0595-64-2695  Fax0595-48-5888

e-mail  ecotour@akame48taki.com

◇◆春の恵み 山菜摘みECOツアー◆◇

2017年03月13日

本年は終了しました

かつて、赤目四十八滝は伊賀忍者の修行場でした。

その伊賀忍者は自然と共に生きたECOの達人であったのです。

野草は食糧でもあると同時に貴重な薬。

傷を癒したり敵を倒したり、使い方はさまざまでした。

そんな伊賀忍者に思いをはせながら、赤目の里山を探検します。

◇ 普段見ることの少ない森の景色や動物に出会えるかも??

◇ 採ってきた山菜は最後に皆さんで試食していただきます♪

春の恵み 山菜摘みECOツアー

~山菜を摘みながら里山を歩こう~

(2016.04.03の様子)

ワラビ・ツクシ・コゴミ・タラノメなど、その時々により異なります。

  • 開催日時:3月25日(土)~5月14日(日) (4月29日(土)~5月7日(日)は除く)
  • 受付場所:エコツアーデスク(赤目ビジターセンター内)
  • 募集定員:12名
  • 最少催行人数:3名
  • 対象年齢:3歳以上
  • 料金(渓谷入山料含む):大人2800円 子供2500円
  • タイムスケジュール
    受付:09:30 出発:10:00 山菜試食:12:00 解散予定13:00
  •  服装:汚れても良い動きやすい服装・スニーカー
  • ご準備いただく物:タオル・飲み物・リュックサック
  • 忍者衣装のレンタルもございます!(レンタル代金700円)

 

本年は終了しました
※ツアー参加の方は必ず2日前までにご予約下さい

お問合せ先
NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
TEL0595-64-2695
Email ecotour@akame48taki.com

赤目の四季フォトコンテスト2016入賞作品

2017年03月09日

赤目の四季フォトコンテスト2016入賞作品

お待たせしました『2016フォトコンテスト』の入賞者が決定しました。
発表が遅くなりましたこと、深くお詫びいたします。

プロフォトグラファーの斉藤裕史氏に審査を頂き決定いたしました!
先生のプロフィール

入賞者と賞品は以下となります。

●ネイチャーフォト部門
(金 賞)赤目温泉対泉閣ペア入浴券付昼食券
(銀 賞)赤目四十八滝 界隈店舗商品券 
(銅 賞)赤目名物へこきまんじゅう10個引換券
(ユニーク賞)隠和菓子の食べ歩きクーポン
(特別賞)渓谷入山年間パスポート
※ネイチャー部門の金賞、銀賞、銅賞の4作品をポストカードにいたします。

●自由部門
(金 賞)赤目温泉山水園ペア入浴券付昼食券
(銀 賞)赤目四十八滝 界隈店舗商品券
(銅 賞)赤目名物へこきまんじゅう10個引換券
(ユニーク賞)隠和菓子の食べ歩きクーポン
(特別賞)渓谷入山年間パスポート 

●ネイチャーフォト部門

『金賞』 吉村誠様

『銀賞』 藤田広志様

『銅賞』 松岡燎哉様

『銅賞』 上杉裕昭様

●自由部門

『金賞』 左居瑞彬様

『銀賞』 船木紘一様

『銅賞』 小川一馬様

『銅賞』 竹本晴行様

『特別賞』『ユニーク賞』※ネイチャー部門・自由部門ランダムに表示しております。

●ネイチャー部門
『ユニーク賞』岡田昌久様・大西正寿様
『特別賞』onzo様・清水岳様・宮本元太郎様・細田浩様・山中哲史様

●自由部門
『ユニーク賞』小崎大輔様・南河内のおっさん様
『特別賞』ドーラ様・伊藤実苗様・中岡喜勇様・市川篤様・中村昭夫様

たくさんのご応募ありがとうございました。
2017年もどうぞよろしくお願い致します。