月別: 2020年3月

◇◆春の恵み 山菜摘みECOツアー◇◆

今年もこの季節がやってきました。そう!山菜の季節です!

かつて、赤目四十八滝は伊賀忍者の修行場でした。

その伊賀忍者は自然と共に生きたECOの達人であったのです。

忍者にとって山野草の知識は必須!

野草は食糧でもあると同時に貴重な薬。

傷を癒したり敵を倒したり、使い方はさまざまでした。

そんな伊賀忍者に思いをはせながら、赤目の里山を探検します。

◇ 普段見ることの少ない森の景色や動物に出会えるかも??

◇ 採ってきた山菜・野草は最後に皆さんで試食していただきます♪

◇ 普段は見向きもしない野草も実はおいしく食べられるかも!?

春の恵み 山菜摘みECOツアー

~山菜を摘みながら里山を歩こう~

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは外に出かけていろんな野草・山菜を摘んでいきます!どれが食べられるんだろう?

摘んだ野草を天ぷらにして試食してみます。

 

果たしてお味のほどはいかがでしょうか?

ワラビ・ツクシ・コゴミ・タラノメなど、採れる山菜・野草はその時々により異なります。

 

  • 開催日時:3月20日(金)~4月26日(日)
  • 受付場所:赤目ビジターセンター
  • 募集定員:12名
  • 最少催行人数:3名
  • 対象年齢:3歳以上
  • 料金(渓谷入山料含む):大人3500円(高校生以上) 子供2500円
  • タイムスケジュール
    受付:09:00 出発:10:00 山菜試食:12:00 解散予定13:00
  •  服装:汚れても良い動きやすい服装・スニーカー
  • ご準備いただく物:タオル・飲み物・リュックサック
  • 忍者衣装のレンタルもございます!(レンタル代金1000円)

 

ご予約はこちら
※ツアー参加の方は必ず2日前までにご予約下さい

お問合せ先
NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会 エコツアーデスク
TEL0595-64-2695
Email ecotour@akame48taki.com

 

続きを読む

◇◆延寿院 しだれ桜開花状況2020◆◇

赤目四十八滝の麓にある延寿院のしだれ桜(エドヒガン)は例年では、
3月下旬から4月上旬に見頃を迎えます。

今年は昨年とくらべ少し早めの開花となりました。

高さ7mの枝張りも見事な巨木で、延寿院に残る資料では樹齢350年余とされます。
落雷や長年の風雪にも耐えた樹は老朽化し、一部の樹皮によって生命を保っており、
咲き誇る花の生命力が訪れる人を魅了します。
昭和37年(1962年)に、市の天然記念物に指定されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3/26の様子 満開です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3/24の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3/23の様子

続きを読む

◇◆赤目の四季フォトコンテスト2019入賞作品◆◇

赤目の四季フォトコンテスト2019入賞作品

お待たせしました『2019フォトコンテスト』の入賞者が決定しました。

プロフォトグラファーの斉藤裕史氏に審査を頂き決定いたしました!
先生のプロフィール

入賞者と賞品は以下となります。

★賞品は準備出来次第、随時発送致します。

●ネイチャーフォト部門
(金 賞)赤目温泉対泉閣ペア入浴券付昼食券
(銀 賞)伊賀米コシヒカリ 8kg
(銅 賞)民芸屋たまきや へこきまんじゅう商品券
(特別賞)渓谷入山年間パスポート
※ネイチャー部門の金賞、銀賞、銅賞の4作品をポストカードにいたします。

●自由部門
(金 賞)赤目温泉山水園ペア入浴券付昼食券
(銀 賞)伊賀米コシヒカリ 8kg
(銅 賞)民芸屋たまきや へこきまんじゅう商品券
(特別賞)渓谷入山年間パスポート 

●ネイチャー部門

『金賞』 清水 岳様

 

 

 

 

 

 

『銀賞』 春日井 友也様

 

 

 

 

 

 

『銅賞』 多田 良平様

 

 

 

 

 

 

『銅賞』 石松 孝重様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『特別賞』 小藪 康様

 

 

 

 

 

 

『特別賞』 上杉 裕昭様

 

 

 

 

 

 

 

『特別賞』 須藤 俊和様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●自由部門

『金賞』 本田 和博様

 

 

 

 

 

 

『銀賞』 ドーラ様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『銅賞』 河合 淳一様

 

 

 

 

 

 

『特別賞』 江南 英男様

続きを読む