ABOUT

赤目四十八滝について

忍者修業の里 赤目四十八滝

平成の名水百選 ようこそ赤目四十八滝へ

心に、体に、感じて下さい。大いなる赤目の自然へ、ようこそ。
赤目四十八滝は、滝川の清らかな流れと深い森がつくる深山幽谷。
滝をつなぐ約4Kmの回遊路は遊歩道となっていて、桜、新緑、紅葉と四季折々の鮮やかな風景の中、滝を望むことができます。
「平成の名水百選」「日本の滝100選」「森林浴の森100選」「遊歩100選」にも選ばれ、ハイキングや散策、森林浴など、さまざまに自然を楽しむことができます。
また、赤目四十八滝のすべてを楽しんでも往復3時間程度。
その間、名の有る滝だけで、滝壷を含めて23瀑もの滝を見ることができます。
又、長坂山へ向かうトレッキング道からは赤目渓谷を一望できます。

マイナスイオンがいっぱい!!

心身を癒してくれることで知られるマイナスイオン。
ご存知ですか?
渓流が岩に当って飛沫を散らすとき、大量のマイナスイオンを発生しているんです。
また森に一歩足を踏み入れると、独特の香りがただよいます。
これは木々が放つ森の精気で、人体にひそむ病原菌に対しても効力があるといわれます。
つまり赤目四十八滝はまるごと天然の、とびきりピュアなアロマテラピー空間なのです。

赤目四十八滝 営業時間について

夏季営業時間(4月1日~11月30日)
8:30 am ~ 5:00 pm

冬季営業時間(12月1日~3月31日)
9:00 am ~ 4:30 pm

渓谷内は外灯がありません。

赤目四十八滝 入山料について

料金のご案内
個人料金 団体料金
大人 500円 30名以上 1割引
100名以上 2割引
小人
(小学生・中学生)
250円
300名以上 3割引
入山料について 入山料(日本サンショウウオセンター入場料)は渓谷内の環境保全、清掃、安全管理の目的で徴収しています。皆様のご理解・ご協力をお願い致します。
忍者修行体験

忍者修行体験

伊賀流赤目忍術を体験しよう。忍者修行体験についてのご案内

エコツアー

エコツアー

色んな生き物や赤目の自然に触れよう。エコツアー体験のご案内

赤目四十八滝の伝説

岳宗教の聖地へ、あなたも…
『赤目』の由来は、役の小角(えんのおづぬ)が滝に向かって行を修めていると、不動明王が赤い目の牛に乗って出現したという伝説から来ています。
赤目四十八滝の『四十八』とは数が多いことを意味します。
また阿弥陀仏が法蔵菩薩の時代、四十八願をたて五劫(ごこう)の思惟(しゆい)をこらし修行を成就したしたことからこの名がつけられたとも言われています。
滝の名前には、仏名に因んだものがたくさんみられます。
これは、赤目の自然景観を一大曼荼羅図(まんだらず)に見立て、大日如来(毘盧遮那仏…びるしゃなぶつ)を中心として、千手観音、不動明王、吉祥天、役の行者(えんのぎょうじゃ)などが並び、妙法山の阿弥陀如来を配していることから名付けられたもので、四十八滝を全周することで諸願が達成されることに通じると考えられています。
またここから約3キロメートル西に今も屋敷が現存する伊賀忍者の祖『百地三太夫(ももちさんだゆう)』が、この地を修行の場として多くの忍者を輩出したことも伝えられています。
古来より赤目四十八滝は霊地として修行し、あるいは参拝する滝だったのです。

入山口にある滝寺『延寿院(えんじゅいん)』に安置されている霊験あらたかな赤目不動尊は、目黒不動尊、目白不動尊と共に、日本不動三体仏の一つに数えられています。
そして、ほど近い護摩(ごま)の窟(くつ)は、弘法大師が護摩を修したところと伝えられ、現在は大師の像を安置しています。
大師は赤目四十八滝を訪れる皆様の安全・無事を守って下さっています。